スイッチボットのカーテンが着荷するも、悲しい結末が待っていた。

どうもatzです。
しばらくブログは夏休みを頂いておりました。
久々の更新でお待たせしました、いえお待たせしすぎたのかもしれません。

今回は先日ようやく念願のスイッチボットカーテンが届いたのでその報告です。
前々から届き次第、記事を書こうと温めていたネタなのですが、、、
f:id:takeuchi61:20200906230150j:plain


振り返るとKickstarterで支援申請をしたのが、昨年の10/23。Super Early Birdという前のめり具合。
ところがその後、Makuakeでもクラウドファンディング始まるわ、たまに来るメール連絡はコロナによる発送の延期を伝えるばかり、本当に届くのか怪しく思っていたところ。
そのスイッチボットカーテンが8月も終わろうとかという先日、我が家に届いた。
それまでの不満も吹き飛び、まさに奇跡かと。外装箱の隅が潰れてるのもご愛嬌。

ちなみに話は遡りますが、カーテンの電動化で言うと以前mornin'を使用したことがあり、モーター音の大きさや、手動開閉ができないなどもあり手放した過去があるだけに、このスイッチボットカーテンにはかける思いが強かった。

今回は寝室の窓に取り付けているカーテンへの取り付けを想定。毎朝、射し込む陽の光で清々しい目覚めをと意気込んでいた。

同梱されていたのは、本体、Uレール用のフックアタッチメント、ハブミニ、ソーラー充電ユニット。
f:id:takeuchi61:20200906230159j:plain

そして早速カーテンレールへの取り付けをと思ったがここで悲しい事実が。
カーテンレールとフックが干渉して、フックのローラーがスムーズに回転しない。どうやら我が家のカーテンレールの断面形状が合わないみたい。
事前の確認不足なだけに、悪いのは自分だけど。こんな結末悲しすぎるわ。
どうか私と同じ過ちを繰り返さないことを願うばかりです。
f:id:takeuchi61:20200906232826j:plain

うーん、期待が大きかっただけに、ショックがでかい。
ちなみにモーター音も確認したが、まあまあでかい。
カーテンレールを交換するという手もなくはないが、そこまでのモチベーションもないので手放すことにした。

スマートホームへの道のりは険しい。